社内恋愛 脈ありサインの事例

社内恋愛

社会人としてある程度成熟してくると、
やはり同僚や部下から信頼されるようになります。

その信頼はやがて強い憧れにも
変化することがあり、
異性から恋愛対象として
見られるということもあるでしょう。

それが発展すれば、
いわゆる社内恋愛ですよね。

浮気や不倫はダメですが、
お互いフリーならば問題ありません。

なかなか出会いがないと嘆いている方にとって、
社内恋愛とは非常に身近な恋愛チャンスと言えます。

では、その脈ありのサインとは
どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは実例を紹介していきます。

 

【TOPICS】

■ふたりきりで食事に誘ってくる
■プライベートの話を頻繁にしてくる

 

 ふたりきりで食事に誘ってくる

これはもはや鉄板中の鉄板と言えるでしょう。

相手が上司や目上の人であれば話は別ですが、
部下からふたりきりで食事に誘ってくるということは、
まず間違いなく脈ありとみていいところ。

もちろん焦りは禁物です。

その相手はもしかすると、
あなたのことを試しているかもしれないのです。

まずは紳士的な対応をして状況を把握して、
そのうえでアクションを起こさなければ、
「勘違い」として笑われ
軽蔑されてしまう可能性もあります。

とはいえ、ふたりきりで食事に誘うというのは、
恋愛対象としては十分な好印象を持たれている証明です。

ある程度はぐいぐいいってみるのも
いいかもしれませんね。

 

 プライベートの話を頻繁にしてくる

職場でプライベートの話をすることは、
そんなに珍しいことではありませんよね。

ですが、ふたりでいるときなどに、
「恋人がいない」などの話を振ってくる場合は脈ありです。

また、こちら側のプライベートを聞き出そうとする場合も、
同じように可能性は十分と言えるでしょう。

世間話の延長である場合も否定できませんが、
ふたりきりでそういった話をしてくる場合は
期待してもいいかもしれません。

 

 【まとめ】

・プライベートの話をする。
 プライベートを聞き出そうとする。
 いずれも興味を持っているサイン。
・ふたりきりの食事に誘ってくる

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.