取引先との接待失敗しない作法【マナー、服装】

接待

みなさんは社会人になってから、
服装やマナーなどで
失敗してしまった経験はありませんか?

多くの方が一度や二度は経験している、
マナーなどにおける仕事上の失敗。

これは上司からの指導で
改善していくことがほとんどですが、
やはり可能な限り失敗はしたくないものです。

なにより、自分が上司の立場になった時、
「わからない」ではちょっと恥ずかしいですよね。

取引先との接待を失敗しない作法について、
ここではご紹介していきましょう。

 

【TOPICS】

■事前に取引先の情報を得る
■席次と支払

 

 事前に取引先の情報を得る

もはや大前提と言ってもいいのがこれです。
そもそも接待をする理由は、
今後の取引を有利にしていくためのもの

そのため、取引先に対して
いかなる失礼があってもいけません。

取引先が抱えている負の面などは
絶対に触れてはいけませんし、
どういった事業で成功しているのかも
知っておきましょう。

やはり成功したことを褒められて
うれしくない人はいません。

事前に情報を得ておくということは、
それだけで失敗を未然に防止する
有効な手段と言えるでしょう。

 

 席次と支払

接待において最も重要なのは席次ですよね。
これを間違えてしまうと非常に失礼ですし、
厳格な相手であれば
それだけで不快に感じさせてしまいます。

まず押さえておきたいのは、
接待される側が上座に座るということ。

若い世代の飲み会では
あまりこの席次を意識することはありませんが、
接待ともなるときちんと失礼のない席次を
把握しておきたいですよね。

 

ちなみに接待における支払いは、
ツケがきくのであればツケで後日支払。

あるいは席をはずした際に
誰にも悟られずに済ませましょう。

支払のシーンを見せる接待というのはあり得ません。
大変失礼にあたりますので、ここも押さえておきましょう。

 

 【まとめ】

・事前に情報を把握し、失礼のないようにする
・席次を間違えない
・支払は誰にも悟られずスマートに

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.