飲みニケーションは古い?今の時代不要?

飲み会

みなさんは飲みニケーションという言葉をご存知ですか?
最近の若い世代を中心に流行している言葉ですが、
実際は昔からある「飲み会での交流」ですね。

実はこの飲みニケーションが面倒だという、
新入社員や若い世代が増えてきているのです。

たしかに上司との飲み会というのは
必ずしも楽しくはなく、
むしろいろいろな気を使うのでつかれてしまう、
という経験をしたことがる方も多いでしょう。

特に厳しい上下関係を経験せずに社会人となった場合、
この飲みニケーションほど
苦痛な時間はないともいえるのです。

このため、近年では
会社での飲み会の不要性を説く声もあり、
話題を呼んでいます。

 

【TOPICS】

■お酒を飲めない若者も多い!
■お酒を絡めず、食事をするのはアリ
■筆者個人的には

 

 お酒を飲めない若者も多い!

とにかく着目しておきたいのは、
お酒を飲まずに成長した新入社員も多いということ。

昔ならば飲める飲めないにかかわらず、
たしなみとして大学生時代などに飲み会に誘われ、
自分の限界を知りつつ酒の楽しみ方を覚えたものです。

ですが、近年は必ずしもそういうわけではなく、
お酒に触れる機会がなかったという若者もいるのです。

このため、飲酒を前提とする飲みニケーションは、
若者たちのストレスになってしまうリスクを
抱えていますので、注意が必要です。

 

 お酒を絡めず、食事をするのはアリ

とはいうものの、
まったく交流しないというのも
おかしな話です。

以前であれば飲みニケーションが
若い世代との交流の場となっていましたが、
無理強いをするようなものでもありませんよね。

このため、飲めない若手と交流を図る場合
飲みを絡めずに、
ちょっとしたディナーやランチなどに
誘うというのはアリでしょう。

こういった気遣いは、
いずれ必ず部下の信頼を得ることにもつながります。

 

注意しておきたいのは、
異性の部下を相手にするとき。

妙な噂が立ってしまってはいけないので、
社員全員に平等な触れ合い方を心がけましょう。

 

 筆者個人的には

筆者の意見としては
飲みニケーションは古いと言われようが、
腹を割って話すきっかけとして必要だと感じます。

ただ
少人数で(できればサシで)
お互い言いたいことを言い合える雰囲気で
生産的であること

が条件です。

 

筆者が経験した
最悪の飲みニケーションも紹介しておきます。

 えんえんと独演会のように自分だけ話している
 悪酔いして絡んでくる
 上司から誘っておいて、
   自分だけがぶがぶ酒を飲み、説教をし、
   挙句の果てに割り勘
 ただの愚痴大会に終わる

このような飲みニケーションは
時間の無駄ですし、不要です。

 

どういう飲みニケーションになるのか?
メンバーに拠ると思いますので
事前に誰と飲むのか?どんな話題になりそうか?
くらいは把握しておきましょう。

 

 【まとめ】

・飲めない部下との交流を図るのであれば、酒を無理強いしない。
・異性の部下に対しては慎重に。妙な誤解を招かないように。
・飲みニケーションのメンバー、話題になりそうなことは事前に把握しておく。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.