飛行機での移動 腰痛対策に効果的なものは?

春の季節、楽しみなのは
旅行という方も多いかと思います。

とはいえ、ネックが付きまとうのもこれまた事実。
そう、長旅による体への負担です。

特に、海外旅行などで飛行機に長時間乗っていなければならない場合、
腰痛などはとっても辛いですよね・・・

飛行機

そこで今回は、何とかして腰痛を軽減できる方法はないものか、
探ってみたいと思います。

 

【TOPICS】

■腰痛予防で多くの人が効果を感じている方法は?
■逆に、してはいけないことってあるの?

 

腰痛予防で多くの人が効果を感じている方法は?

こういうのは、実際に腰痛持ちで
日頃から工夫をしている人の
リアルな声を聞くほうが賢いはずです。

そこで、飛行機や他の乗り物で腰痛持ちの人が
どのような予防策をして効果を感じているか幾つか集めてみました。

 

 座席に用意してある枕や毛布を余分に借り、腰に当てる

これは多くの人が実践しているようです。
枕はそのままですが、毛布も適当なサイズに折って
座布団代わりに敷く、という方法でかなり楽になるようです。

 

 100均などで売っている、ビニールの空気座布団を利用する

これは、乗る前に準備できるグッズですね。
思いっきり全部空気を入れると座り心地が悪くなるので、
一息だけ入れる程度にして柔軟性を出すと
よりよいとのことです。

100円で安いですし、普段は空気を抜いておけばいいので
大した荷物にもなりません。

参考記事:デスクワーク 腰痛解消グッズ・クッションは?【ヘルニア持ちの筆者厳選】

 

 時々席を立ってトイレに行く、機内の通路を歩く

これは皆さん同じ意見です。
機内でも極力体を動かすことが大事なようです。

余りウロウロできない場合も多いですが、その際は
お水をもらいに行くなどの理由があるといいですね。

付随する意見として、搭乗前は
逆になるべく横になり体を労っている人もいました。

 

逆に、してはいけないことってあるの?

これは、対策と逆のことをするとよくないということです。

つまり”体を動かさないようじっとしている”
ということが一番NGなようです!

何となく、腰痛ならじっとしていた方が…と思いがちですが、
とにかく姿勢をなるべく変えたりする方が効果的です。
コルセットなども、長時間の装着はよろしくないようです。

 

 【まとめ】

・機内では、枕や毛布を利用し腰に当てておく。随分軽減される。
・100均でも買える空気座布団をお尻に敷く。空気は入れ過ぎないことがポイント。
・とにかく姿勢を変えられる状況に!
 座りっぱなし、コルセット装着しっぱなしはむしろ危険。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.