椎間板ヘルニアは自然治癒するのか?

筆者の祖母は現役バリバリの美容師です。
もう70歳近いと思うのですが、
近所に住む昔からのお得意さん相手に
今もハサミを動かしています。

けれどそんな元気な祖母が、先日入院しました。
病名は「椎間板ヘルニア」

腰痛

その前から何か月も腰痛を訴えていたのですが、
お店を閉めるわけにもいかず、
ずっと立ち仕事を続けていたようです。

そのうち足のしびれを訴えるようになり、
歩くことができなくなり入院。

手術を行い治療できたのですが、傷跡が痛んだり
その後のリハビリが大変そうでした。

椎間板ヘルニアという病気はよく聞く名前ですが、
手術しないと治らないイメージがありますよね。

けれどもし自然治癒する病気なら、
傷跡の心配もないしリハビリも必要ありません。

祖母の辛そうな姿を見ると、
自分で治す方法はなかったのかな?
なんてついつい考えてしまいました。

そこで今回は、椎間板ヘルニアは自然治癒するのか?
という疑問を解決してみようと思います。

 

【TOPICS】

■椎間板ヘルニアの種類とは?
■椎間板ヘルニアは自然治癒するのか?

 

椎間板ヘルニアの種類とは?

椎間板とは背骨と背骨を繋ぐ、
伸縮性のあるゴム状の部分
のことです。

椎間板の中には髄核があり、
それを繊維倫(せんいりん)という組織が囲んでいます。

髄核
*すみ整骨院より引用

なんらかの原因で椎間板に亀裂が入り、
髄核が繊維倫からはみ出てしまった状態が椎間板ヘルニアです。

 

実はこの椎間板ヘルニア、
種類があるのをご存知でしたか?
4つの種類に症状が分類されているそうです。

 椎間板全体が後ろに膨らんで出てしまう場合
 髄核が繊維倫から飛び出しているが後縦靭帯(こうじゅうじんたい)
    の下でとどまっている場合
 髄核が後縦靭帯を破っているが椎間板と連続している場合
 髄核が椎間板から浮いたようになってしまった場合

文字だけで見ると分かりづらいのですが、
椎間板ヘルニアと一言でいってみても
様々な状態があることが分かりました。

上記の種類の中で1と2の場合は手術が必要になるようで、
自然治癒では治らないそうです。

では3と4は自然治癒で治るのか?
次はそこについて調べてみました。

 

椎間板ヘルには自然治癒するのか?

上で説明した通り、椎間板ヘルニアには種類があり
1と2の場合は手術が必要です。

しかし4と3の場合では、自然治癒することもあります。

その決め手となるのは、
後縦靭帯を髄核が突き破っているかどうか。

 

自然治癒
*渡辺整形外科より引用

これは病院でMRIを撮らなければ分からないのですが、
髄核が後縦靭帯を突き破っていると体がそれを異物とみなし
白血球が攻撃して吸収してくれるのだそう。

2か月ほどの安静期間があれば、
手術しなくとも椎間板ヘルニアを自然治癒することができます。

辛い手術やリハビリをしなくて済むなら、
嬉しい発見ですよね。

けれど椎間板ヘルニアは重症化すると
歩行障害を起こしたり何かと恐ろしい病気です。

素人目に判断することはせず、
痛みを感じたらすぐに病院へいきましょう。

MRIを撮って、自然治癒するかどうか
確認してもらうのが先決です。

 

ちなみに筆者もヘルニア持ちですが
腰痛解消にクッションが役立っていますので
以下の記事もご参考に。

【ヘルニア持ちの筆者厳選!】デスクワークで腰痛解消クッションはこれ!

 

 【まとめ】

・椎間板ヘルニアには種類があり、状態によっては自然治癒する。
・判断にはMRI検査が必要、素人判断はせず病院へいくのが先決。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.