坐骨神経痛を緩和させるための方法とは?

皆さんは坐骨神経痛という症状を
ご存知ですか?

デスクワーク

名前は聞いたことはあるけれど…
という方も多いはず。

坐骨神経痛とはお尻から足にかけて
痛みや痺れ、麻痺などの症状が出ることを
指すのだそうです。

現代人に多い症状とされていて、
このような不調を感じたことがある方も
いるのではないでしょうか?

筆者は姿勢が悪いせいか、
デスクワークなどをしていると腰が痛くなったりします。

これを放っておくと足先などにも痛みや痺れが広がり、
麻痺などによって歩行障害が起きる可能性もあるのだとか…
そうなる前になんとかしたい!

ということで今回は坐骨神経痛
注目してみることにしました。

 

【TOPICS】

■坐骨神経痛の原因とは?
■坐骨神経痛を緩和させるための方法とは?

 

坐骨神経痛の原因とは?

そもそも坐骨神経とは
腰から骨盤、お尻の下を通って
足先までつながる長い神経
のことをいいます。

脳からの運動神経を伝え、
歩行などのバランスを取る働きがあるそうです。

主に椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)
といた病状から発症することが多いようで、
坐骨神経が圧迫されることによっておきる症状です。

お尻に痛みや痺れがあったり、
腰だけでなく足にも痛みがある場合
坐骨神経痛を疑った方がいいでしょう。

 

坐骨神経痛を緩和させるための方法とは?

坐骨神経痛を予防する方法や、
発症してしまった場合に、
痛みを緩和させるための方法を
知っておきましょう。

まず坐骨神経痛の一番の予防は
姿勢を正しくすることです

座る時に足を組んだり、
あひる座りなどをするも原因の一つ。

立っている時だけでなく、
座る際にも姿勢を伸ばすことを意識しましょう。

両方のお尻に均等に体重をかけるイメージで
座るといいそうです。

そして女性に多い冷え性も要注意。
下半身を冷やさないよう、
日常的に気を付けましょう。

また現代人に多い肥満なども原因となります。
体重の増加は腰に負担をかけますので、
太り過ぎには注意しましょう。

 

坐骨神経痛を発症してしまった場合は、
体を温める・ストレッチをする
などといった方法で症状が緩和することがあります。

体を温める場合は腰よりも
お尻を温めるのが効果的。

お風呂にゆっくり浸かるだけでも
効果があるようです。

またストレッチをする際は
痛みがある時は無理をしないのが鉄則です。

お風呂上りなど体が温まっている時に、
ゆっくりストレッチを行います。

けれど痛みが強い場合や、
急性の坐骨神経痛になった場合などは
温めたりストレッチを行うことが
逆効果にもつながりますので、
酷い場合は必ず病院を受診して下さい。

デスクワークなどで
どうしても長時間イスに座らざるを得ない環境の方には
以下の記事も参考にどうぞ。

【ヘルニア持ちの筆者厳選!】デスクワークで腰痛解消クッションはこれ!

 

坐骨神経痛は病気ではありません。
他の病気が原因になって発症する症状を言いますので、
上記の方法で解決しない場合は病院で原因となる症状を
治療することが先決だと思います。

 

 【まとめ】

・腰だけでなく、お尻や腰に痛みを感じたら坐骨神経痛を疑うこと。
・坐骨神経痛を予防する為には姿勢を正し、冷えや肥満に気を付けること。
・発症した場合は体を温め、ゆっくりとストレッチを。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.