無能な上司の扱い方とは?【特徴、対処法】

上司

みなさんは無能な上司をもったことはありますか?
残念ながら筆者にはそういった経験があります。

無能な上司を持ってしまうと、
どうしても自分自身に対する評価まで下がってしまうもの。
職場環境も悪くなる一方ですし、
なによりも自分の能力をフルに発揮することができません。

そういった状況に置かれてしまうと、
次第に精神的に擦り減ってしまいうつになってしまうことも・・・

そういった状況を防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

【TOPICS】

■無能な上司を見分けるには?
■対処法あれこれ

 

 無能な上司を見分けるには?

無能な上司を見分ける方法はいくつかあります。

 

 部下から慕われていない

もっとも顕著に表れるのが、
部下からの評価です。

無能な上司は決して
部下から慕われることがありません。

どんなに怖い上司であっても、
仕事ができる有能さがあれば
部下からは自然と慕われるもの。

それがないということは、
その上司が部下たちの信頼を
得られていない証拠と言えます。

 

 業務中に関係のない話をする

コミュニケーション能力は高くても、
業務に関係のない話ばかりする上司は無能と言えます。

 

 自尊心が強い

強烈な自尊心を持っている上司は、
えてして無能である場合が多いです。

実際に有能で実績のあるうえでのプライドならともかく、
実績がないにもかかわらず
プライドを振りかざす上司は、
もっとも面倒な相手のひとつです。

 

 対処法あれこれ

無能な上司への対処法は難しいですよね。
とはいえ、放置してストレスを
ため込むのバカらしいものです。

そんなときは以下のことを
実践してみてください。

 

 上司のさらに上へ、自分を認めさせる。

上司に期待ができないのであれば、
さらにその上の幹部に自分の存在を認めさせましょう。

こうすることで、早い段階で現在の上司の立場を奪い、
地位を逆転させることも可能です。
ただし、これには自身にも相応の有能さが求められます。

 

 同僚同士で結託する

仲間がいればどんな相手にも
怯まずにいられるものです。

同じ職場の同僚と情報を共有し、
意見が一致するようなら
仲良く接するようにしましょう。

とはいえ、上司の悪口ばかりを言っているようでは、
かえって自分が嫌われてしまうこともあるので注意です。

 

 上司を支えてあげる

無能な上司のことを認めて、
そのフォローをしてあげるようにしましょう。
上司も自分のことを助けてくれる部下に、
悪い感情を抱くことはないでしょう。

 

 【まとめ】

・無能上司は自尊心が無駄に強い。
・見てくれの雰囲気が良くても、仕事ができるとは限らない
・仲間内で情報を共有する。ただし悪口は言わない。
・上司を支える寛容さを持つ。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.