腰痛からくる足のしびれの原因は?

先日、会社の後輩がギックリ腰になりました。
重いものを持ち上げようとした瞬間、
そのまま固まって動けなくなったそうで。

腰痛

それからはコルセットを装着しての勤務で、
歩くのも辛そう…
なんだかとても可哀想でした。

しかもその後輩、まだ20代前半なんです。
最近ではデスクワークの増加や、
運動不足などが問題になっていますから
若い人でも腰痛は悩みの種なのだな、
と他人事のように考えてしまいました。

そんなギックリ腰の後輩を見ていた上司が、
腰が痛いと足がしびれて辛いよなぁ…
と小言をもらしていました。

そう言えば筆者の祖母が腰を痛めた時も、
同じことを言っていたような…

もしかしたら皆さんの中にも、
腰痛からくる足の痺れを体験した方も
いるのではないでしょうか。

そこで今回は、後輩や上司の為に(自分の為にも)
腰痛からくる足のしびれについて調べてみることにしました。

同じく腰痛で悩んでいるその他の方も、
参考にして下さるとうれしいです。

 

【TOPICS】

■腰痛からくる足のしびれの原因は?
■腰痛かからくる足のしびれ 考えられる病気とは?

 

腰痛からくる足のしびれの原因は?

どうして腰痛を患うと、足がしびれるのか…

それは足の神経が
背骨の後ろを通っているのが原因。

腰椎が変形し、足の神経を圧迫することによって
しびれを感じる
のだそうです。

足の感覚がなくなったり、
ピリピリとしたしびれを感じたり…

その範囲もお尻から足先まで広がってしまったりと、
症状は人によって様々。

そしてしびれというのは痛みの前兆だそうで、
それを放っておくと後々辛いことになってしまいます。

しびれを感じたら、
悪化する前に治療を行いましょう。

 

腰痛からくる足のしびれ 考えられる病気とは?

腰痛からくる足のしびれは
腰椎の変形が原因と書きましたが、
つまり腰になんらかの病気を患っている可能性が
高いということ。

そこで考えられる病気は以下の通りです。

 

 腰椎椎間板ヘルニア

腰痛界(?)では、この病名が一番有名かも知れません。
椎間板とは背骨と背骨を繋ぐ、伸縮性のある部分です。

背骨の動きを助ける役目があるのですが、
老化や外傷などでその椎間板が出っ張ってしまうと
腰の痛みや足のしびれを引き起こします。

特徴としては腰痛の後で、
足の片側にしびれが広がること。

腰に力を入れると、
電流が流れたような痛みを感じるようです。

重症化すると麻痺などが起き、
歩行が困難になってしまいます。

 

 腰部脊椎間狭窄症

脊柱管は腰の神経が通っている大切な部位。

そこがなんらかの原因で狭くなると、
神経が圧迫されて痛みやしびれの原因となります。

主に老化が原因で起こるようです。
特徴としては歩き続けていると症状があらわれること。

常に痛みやしびれを感じる訳ではありません。
ですが放っておくと立っているだけで
痛みを感じるようになります。

 

 腰椎すべり症

あまり聞いたことのない病名ですが、
これは字の通り腰椎がズレることによって起きる病気です。

長時間同じ姿勢でいたり、立ち仕事をしていると
痛みやしびれを感じるのが特徴です。

 

 坐骨神経痛

これも聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

正確に言うと病名ではないのですが、
腰痛を患っている方の多くが
この症状を併発しているそうです。

坐骨神経が圧迫されることにより起こる症状で、
特徴としては痛みやしびれの範囲が広いこと。

お尻の下からつま先までしびれを感じたら、
坐骨神経痛の可能性が高いです。

重症化すると麻痺や歩行障害などが
起きてしまいます。

 

上に書いた4つは
代表的な足のしびれを伴う病気です。

どれも重症化すると歩行障害などを
引き起こす可能性がありますから、
腰痛から足のしびれを感じた場合は
早いうちに病院へ行くようにしましょう。

また以下の記事は
筆者おすすめの腰痛解消クッションになりますので
ご参考までに。

【ヘルニア持ちの筆者厳選!】デスクワークで腰痛解消クッションはこれ!

 

 【まとめ】

・背骨の後ろを通る足の神経が圧迫されることにより足がしびれる
・しびれは痛みの前兆、放っておかず治療しよう

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.