ビジネスシーンでも使える長州力の名言集

長州

長州力といえば「名言メーカー」のプロレスラーで
アントニオ猪木にも勝る数々の伝説・名言を作り出しています。

30代以上のプロレスファンの中には
長州の記憶に残るあつい言葉が頭の中から離れない!
という人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな長州力のビジネス上でも使える名言について
独断と偏見で3つ選びました。

ビジネスシーンでの使用例を交えながら
ご紹介していきます。

 

【TOPICS】

■今更ながら長州力とは?-私見
■独断と偏見でベスト3

 

 今更ながら長州力とは?-私見

フィギュアスケートの「長洲未来」を見るたびに
「何コラ、タココラ!」という言葉が
思い浮かぶプロレスおたくの筆者ですが
今更ながら長州力とはどんなレスラーなのか?
まとめてみようと思います。

長州力はいろいろな面を持ちすぎて
とても1つの文章にまとめきれないので
箇条書きで思いつくままに記してみました。

・足腰が半端無いくらい強い!
 並みのレスラーはタックルで倒せない。
・本名は吉田光雄。
・元祖ロン毛。
 一時期「ジャンプ放送局」に「長州、床屋に行け!」という
 投稿が数多く見受けられた。
・年初は必ずサイパンに行き、日焼けとトレーニングをする。

とにかくスピード感あふれる動き(当時)の中にも
力強さがあり、リズム・テンポの良さを感じられる
レスラーだなという印象があります。

 

 独断と偏見でベスト3

そんな長州力ですが
ビジネスシーンでも使用できる名言を独断と偏見で
3つを選びました。
順にご紹介していきます。

 

 「吐いた言葉飲み込むなよ。中途半端に言った言わないじゃないぞ。」

橋本真也のZERO-ONE旗揚げ会見に
乗り込んでのシーンです。

このシーンはコラコラ問答の
「何コラ、タココラ!」の方が有名ですが
長州のこのしつこい念押し
結構頭に残っている人も
多いのではないでしょうか?

ビジネスの現場でも仕入先が
誤納入をしてきた、不具合品を納入してきた場合
再発防止報告を要求すると思いますが
その際、
「何か調子いいよなぁ」
「いまいち信用できないなぁ」
「これはまたやらかしそうだなぁ」

と感じたら、すかさずこの言葉で念押ししましょう。

 

 「ギスギスしている」

前田日明との対談にて。
どれだけギスギスしているんだ、という話ですが
ここまでギスギスと言われたら
さすがの前田も黙らざるをえないですよね。

ビジネスシーンで
通常3ヶ月かかる部材を1週間で何とか納入して欲しい!
という超短納期発注をする場合、
場合によっては
「こんな納期ではとてもできない!」
と仕入先が逆ギレしてくることもあります。

そこでそんな仕入先をなだめるために
「まあ話はわかるんだけど、そんなギスギスしなくても
 いいじゃない?
 短納期はわかるんだけど、ギスギスしすぎだね?
 え?ギスギスしていない?
 ギスギスさが伝わって…」
と怒りの矛先をうやむやにしてしまいましょう。

 

 「またぐなよ」

大仁田が新日本プロレスの海老名大会に
乗り込んできた際の対応にて。

個人的にはこれが1位ですね。

わが社では
会社を定年退職し、別会社(取引先)に再就職した元社員が、
我がもの顔で事務所に入ってくることがあります。

確かに元社員で、それまでの功績は理解しますが
現在は別会社の社員です。

事務所の中は機密情報もありますので
このような場合はきっちり
「またぐなよ」と線引きすべきですね。

自戒もこめての1位です。

 

 【まとめ】

・長州の名言はビジネスシーンでも応用可能。
・TPOをわきまえて使用を。

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.