サラリーマンが副業でばれないようにするには?

副業

みなさんは現在勤めている会社の給料で、
満足いく生活が送れていますか?

現在は低収入が一般化しており、
その会社の給料だけでは家族を養えない、
生活することができない
ということが増えてきました。

そんな場合は正社員であっても副業をしたいもの。
ですが、多くの会社は低収入ながらも副業を許可していません。
とはいえ、実際には多くの方が副業をしているのです。

この際に重要なのが、まず会社にばれないこと。
公務員の副業はNGですが、一般企業の場合副業は権利です。

うまく行使しない手はありませんよね。

というわけで、ばれないように副業をするにはどうしたらいいのか、
ここで少しご紹介しておきましょう。

 

【TOPICS】

■年間雑所得が20万以下
■普通徴収の制度を使う

 

 年間雑所得が20万円以下

副業が給与所得でない場合、
たとえばネットオークションでの収益や、
その他なんらかの報酬・外注で得た収入が、
年間で20万円を越えない場合
確定申告が必要ありません。

確定申告・つまり税金がかからないということになるため、
会社側にばれるという心配はまずありません。

これをうまく理解しておけば、年間20万以下の副業は、
誰でも容易に行うことができるのです。

ただし、20万円を超過する場合は確定申告が必要です。
この場合、もし申告しなければ処罰対象となるため、
雑所得額をしっかりと計算しておきましょう。

 

 普通徴収の制度を使う

住民税
*住民税が増えたより引用

20万円を超過する場合は、
普通徴収という住民税制度を利用しましょう。

会社は基本的に年末調整で
確定申告を代行してくれますが、
簡易的なかたちになっているので
副業をチェックできるのは住民税のみ。

ですが、普通徴収を活用することで
住民税は直接請求になり、
会社を通すことがなくなります。

こうなれば、会社にばれることなく
副業を行うことができますよ。

もちろん、これは確定申告制度の中のひとつの制度です。
大前提として確定申告を理解している必要があるので、
まずは確定申告の用紙をよく確認してみてくださいね。

 

 【まとめ】

・住民税は普通徴収制度を活用
・副業収入を20万におさえる
・確定申告をよく理解する

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.